開業までのフロー

開業をされるにあたり、ご自身が抱いていらっしゃる「このようなクリニックにしたい」という思いを基本構想としてまとめていただくことが重要です。以降、この基本構想が開業計画における軸に。
ヒアリングでは基本構想などイメージの共有が行われます。

クリニックの開業地域の選定は非常に重要なプロセスとなります。
競合医療機関や、診療圏の調査は特に念入りに行わなくてはなりません。
どれだけの患者様に来院していただけるのか?この時しっかりとマーケティングリサーチすることが開業成功の鍵となります。

医院開業にあたって事業計画の策定・事業収支のシミュレーションは決して避けて通れないプロセス。
クリニック開業に必要な資金の調達という意味では金融機関への融資の打診や、各自治体が設けている支援制度、融資窓口の活用も必要となることがほとんどです。

クリニック設計にあたっては、これまで多数の医院の設計を経験し、実績を積んできた業者を選定することが大切。
診療室、処置室、待合室など内部配置に関しても適切なアドバイスをもらうことが可能となります。
あなたの理想をより具体的な形へするステップです。

重要な宣伝ツールであるホームページをはじめ、電柱広告など医院周辺地域への広告方法を検討。
医院ロゴ、看板や、診察券、リーフレットといったものは、この時点でまとめてデザイン依頼されることで、きちんとデザイン統一も図ることが可能となります。

今や多くのクリニックで活用されている電子カルテや、レントゲンなど開業に欠かせない医療機器・設備・システムのほか、診療予約システムなどについても選定を進めていきます。
医薬分業をされる際には、開業地周辺の調剤薬局様との連携調整も必要となります。

医院を開業する際に、優秀なスタッフの存在は欠かせません。
クリニックのコンセプトを深く理解し、共感するスタッフがいて、初めてあなたの理想のクリニックが出来がります。
看護師や事務といったあなたの力となってくれる人材の選定は慎重に進めましょう。

所管官庁への診療開設届けや、保険医療機関指定申請書の提出。
労働基準監督署への届け出など、クリニックを新規開業には各署への書類提出が必要となります。
X線診療装置など設置に際し届け出が必要なものがありますので、提出漏れがないようご注意ください。

開業直前に開催する施設見学会や、内覧会は近隣の患者様と接する最初の重要な機会。
新規開業の医院の認知度をゼロから上げていくのはなかなか難しいものです。
クリニック周辺の認知度を高める大きなチャンスとなりますので、開催されることをおすすめします。

クリニックの開業は決してゴールではありません。
新たなスタートを切ったあなたのことを、開業までに関わった企業や、税理士、社会保険労務士などと密接に連携を図りながら、継続的なサポートをしてくれます。
開業後の悩みなども積極的に相談しましょう。


上記させていただきました、開業にまつわるフローの中で疑問に思っていることなど、開業全般に関する内容でもお気軽にご相談ください。
メディクルアールは医院物件情報提供だけではなく、協力企業様のご紹介などを通じて、あなたのお悩みを解決へと導くお手伝いをさせていただきます。